愛犬家の私のフィラリア予防薬|ノミダニ駆除には断然レボリューション

皮膚病の症状

皮膚は生き物にとって以外にも軽くみられていますが、最も重大な役割を持っている組織です。
内臓を包括し、体の形を成形している他、体温や水分の調整、病原菌や外傷からの保護、また体の外からの接触が在った際に身体に対して何が起こったかの信号を脳に送る役割を担っています。
このような大事な機能を持っている上に一番傷が多いが補修能力も早い皮膚にとって、皮膚病は非常に問題になります。

皮膚病はあらゆる原因によって発症します。
外部からの刺激により炎症を起こしたり、ウィルスやバイ菌に感染し発症するもの、抗アレルゲン反応から起こるものなど、色々な原因で起こりえます。
人間ならば身体の異常を察知すると薬を購入して対応したり、皮膚科などの病院に行きますが、ペット達にとっては難しい話です。

犬や猫などのペットは、特に毛づくろいなどの意味も兼ねて体中をよく舐め回しています。
この舐める行為を、我々人間はペットにとって当然の慣習と思うことでしょう。
しかし、もしかすると皮膚病で何らかの症状が出ており、その患部を気遣っているのかもしれません。人が痛いところに手を添えるのと同様の行為です。
よく、傷ついた野良犬や野良猫が傷口を舐める行為と同様、舐めることによりその部分を治そうと思ってする行動でもあるのです。

原因も同様に多岐にわたります。
人間にもアレルギー体質があるように、ペットも同様に特定のアレルゲンに拒否反応を持っている場合があります。その為、食べ物だったり植物だったりに抗アレルゲン反応が起こる場合もあります。それ以外にも、アトピー性皮膚炎ということも考えられます。またカビの一種によって円形の脱毛に発展する皮膚糸状菌症やぶどう球菌が異常繁殖を起こして発症する膿皮症、免疫力が下がったことで発症したストレス性のものもあります。

ペットの場合、様子が明らかにおかしい場合でも、それが間違いなく病気によるものなのかは分りづらいものですす。
その為、少しでも通常と違う状態に気付いたら、動物病院にすぐに連れていくなどの対応が必要です。
病気の場合、長期間の治療になることもありますが、早急に対応することで大事には至る可能性を抑えることが出来ます。

皮膚の大切さは人もペットも同様です。
しっかりと飼い主が注視し、元気なペットと楽しい日常を過ごしましょう。